クレンジング正しくできていますか?
「え?」と思ったそこのあなた、クレンジングを正しく行わないと、ニキビ・肌荒れ・毛穴の黒ずみ・くすみの原因になりますよ。

正しい使い方をすることによって、クレンジング剤が持っている本来の性能を発揮して、しっかりメイクよごれを落とすことはもちろん、お肌の悩みまで解決してくれる頼もしい存在になります。

普段の使い方が間違っていなかったか、私と確認していきましょう。

クレンジングの正しい使い方

クレンジングの最初は手を洗うことから!

「顔を洗うのにまず手から?」

そう思うのも無理はありませんが、手や爪などに雑菌などが付着していると、ニキビや吹き出物の原因になることがあります。

なのでクレンジングする前に手を清潔は状態にしましょう。

ポイントメイクは先に落とすのが◎

「目元・口元のメイクも簡単に!」なんてキャッチフレーズのクレンジングも多く出回っていますよね。

でも、できればポイントメイクはポイント用のリムーバーなどで先に落としてしまいましょう。
さらに、当サイト推奨の「精製オリーブオイル」でポイントクレンジングをすると肌にも優しくておすすめです。

クレンジングはできるだけ時間をかけずに早く落とすことが重要です。
肌にやさしいけど洗浄力の弱いクレンジングを使っている場合はなおさらですね。

無理にクレンジングだけで落とそうと思っても、時間もかかるし、皮膚の薄い目の周りなどをゴシゴシこすってしまう原因になります。

せっかく肌に優しいクレンジングをつかっても、逆効果の場合もあるので注意が必要です。

使用量や使用方法は必ず説明書通りに!

使用しているクレンジングには説明が書かれていると思います。
使う量は必ず守るようにしてくださいね。
少なく使うとそれだけ、落ちにくくこすってしまう原因になります。
かといって、多すぎにしてしまうとすすぎ残しができやすく、肌トラブルの原因になるので、注意してください・

また、濡れた手でもOKとなっているクレンジングがありますが、その場合でも、できれば、乾いた手で使用したほうが、クレンジング力が高くなります。
お風呂クレンジング派の方は、できるだけ手の水気を切って使ってくださいね。

クレンジングはどこからなじませる?

皮脂量の多めなTゾーンからなじませるのが◎です。
手早く!でもこすらないようにが鉄則ですよ。

クレンジングの乳化【超重要!】

顔全体になじませることができたら、水を手にとって、全体に水をつけていきます。
クレンジングを浮かせるように水をなじませていくと、クレンジングが白く濁っていきます。

これが、乳化です!

全体に白く濁ったらOKです。
評判が良いクレンジングを使っているけど、洗浄力が弱いと感じているかたは、乳化をしていない場合もあります。
クレンジングの持っている機能を最大限に引き出す為にも必ず乳化させましょう。

乳化は、メイクを落ちやすくさせるため、肌に負担が少なくなり、結果肌トラブルの予防にもつながりますよ。

ぬるめのお湯ですすぐ|冷水やシャワーはNG

すすぎの温度は、冷たくても熱すぎてもNGで、若干ぬるめのお湯が理想的です。

冷たすぎはメイク落ちが悪くなりますし、熱いとお肌に必要な油分までとってしまいます。

さらに、シャワーの水圧はお肌の負担になりますので、NGというのがクレンジング業界の常識のようです。

W洗顔|不要タイプはすすぎをしっかりと

クレンジング後は、洗顔フォームでのW洗顔となります。
最近はW洗顔不要タイプのものが多くなっていますが、クレンジングのすすぎ残りは肌トラブルの原因になるので、念入りなすすぎが大切です。

まとめ

いかがでしたか?ご自分のクレンジングと比べて正しくできていたでしょうか。

「乳化」という言葉をはじめて聞いたという方もいらっしゃるかもしれません。
「乳化」はクレンジングの中でもかなり重要な要素となります。
正しいクレンジングはあなたのお肌を守ってくれるので、きちんとマスターして、素肌美人になりましょうね。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事