クレンジングの落ちが悪いから、つい目元をこすってしまう。
ポイントリムーバーを使えば良いのはわかっているけど、目元が乾燥したり荒れたりするので使っていない。

こんな経験ありませんか?

なかなか落ちにくいマスカラや濃いアイメイクなどのクレンジングに使われるポイントメイクリム-バー。
ポイントメイクをしっかり落とすことで優秀ですが、洗浄力が強すぎて肌にとても負担をかけています。
その結果、肌荒れや乾燥などを引き起こしさらには、目じりの小じわや、たるみの原因になることもあります。

そこでオススメしたいのが「精製オリーブオイル」を使ったポイントクレンジングです。

これから、わたしが、精製オリーブオイルクレンジングがなぜオススメなのか?正しい使い方を解説していきます。

 

オリーブオイルがポイントクレンジングにオススメのワケ


オリーブオイルはオイルというだけあって脂性汚れとなじみやすいため、メイクや皮脂を落とすクレンジングに適しています。
皮脂はよく目の敵にされがちですが肌に潤いを与えてくれる大切な成分です。
ただ過剰に皮脂の分泌がされたり、皮脂汚れがたまることで、毛穴の黒ずみや角質の原因にも。
そうならない為に日ごろから皮脂汚れを落とし、いつでも肌を清潔にしておくことが重要です。
と言いましても、先述したように皮脂は肌に潤いを与えてくれる成分。
洗顔やクレンジングで皮脂を必要以上に落としてしまうと肌が乾燥し、肌トラブルへと繋がってしまいます。
そこでオリーブオイルのポイントクレンジングです。
オリーブオイルでクレンジングすることにより不要な皮脂を除去、肌に必要な分の皮脂を残してくれるので洗い上がりがさっぱりとしっとりと感じられます。
そのワケはオリーブオイルの成分にあります。
オリーブオイルに含まれる成分のおよそ70~80%が皮膚刺激性が少ないオレイン酸。
このオレイン酸は、私たち人の皮脂成分の約40%に含まれていると言われています。
なのでオリーブオイルでクレンジングすると、肌に潤いを残し負担をかけることなく皮脂汚れを落とすことができるというワケです。
「それじゃあ、ポイントメイクだけではなく、顔全体をオリーブオイルでクレンジングした方がいいんじゃない?」って思う方もいますよね?
オリーブオイルクレンジングは最後に必ずW洗顔が必要になります。
その為、洗う回数がどうしても多くなりがちで、洗う回数が多ければその分肌への負担となってしまう場合があり、せっかくの効果が薄れてしまう可能性があります。
なので、当サイトでは、ポイントメイクをオリーブオイルで落とし、その後、W洗顔不要タイプのクレンジング料で洗っていただくことを推奨しています。

食用オリーブオイルと精製オリーブオイルの違い


オリーブオイルの成分がクレンジングに適していることはお分かりいただけたかと思います。
そうすると「じゃあ同じオリーブオイルなら精製オリーブオイルより食用のほうがたくさん入っているし安いから良いじゃない」と思う方もいることでしょう。
確かに、ネットでオリーブオイルを使ったクレンジングを検索すると、「食用は口に入るもので安全だから肌でも大丈夫」や「エキストラバージンオイルなら純度が高いからOK」というものが多く見られます。
でもそんなことは決してありません。
食用オリーブオイルと精製オリーブオイルは製造方法が違うからなんです。

食用オリーブオイルを肌に塗るのはNG!

はっきり申し上げると食用オリーブオイルでクレンジングするのは、肌に良いことではありません。
食用オリーブオイルと精製オリーブオイルは共に「オリーブの果実を搾り、抽出した物」ですが、製品として製造される過程での濾過や品質管理が違っています。
食用オリーブオイルは当然、食用ですから風味や栄養価などが重視され製造されています。
エキストラバージンオリーブオイルはオリーブオイルの品質規格の中でも最も厳しい基準をクリアしたオリーブオイルです。
ですが、各メーカーや製品によってはフィルター処理をしているオイルや、フィルター処理をしていないオイルなどに多種多様に販売されているのです。
確かに「厳しい品質基準をクリアしたエキストラバージンオイルなら高品質だから肌にも優しい」と思ってしまうのもわかります。
でも食用オリーブオイルは、あくまで食用です。
ぱっと見てもわからないくらい細かなオリーブの実や繊維などが混入していることもあります。
フィルター処理をしていないオイルであればなおさらです。
その混入している身や繊維が、あなたの肌を傷つけ肌トラブルを引き起こすこともあります。
また、食用オリーブオイルでも精製度が低いオリーブオイルも中にはあります。
オレイン酸が主成分のオリーブオイルはよく、酸化しにくいと聞いたことがあるかと思いますが、精製度が低いオリーブオイルは酸化がとても早いです。
そんな酸化してしまったオリーブオイルを肌に塗ってしまうと、やはり肌トラブルを引き起こしてしまいます。

精製オリーブオイルに比べ食用オリーブオイルはクレンジングに使用するとなれば確かに低コストです。
ですが、肌はとても繊細です。
食用も品質管理をされてきちんと製造されていますが、食用は必ずしも肌に適しているとは言い切れません。
肌トラブルを招かないためにも、食用オリーブオイルを肌に塗るのはやめましょう。

精製オリーブオイルってどんなオイル?

では精製オリーブオイルとはどんなオイルなんでしょうか。
じつは精製オリーブオイルはオリーブオイルをさらに精製したものが精製オリーブオイルと呼ばれています。
食用オリーブオイルの話で出てきた「オリーブの果実を搾り、抽出した物」がオリーブオイル。
オリーブオイルには「クロロフィル」という緑色の色素が含まれており、これが光に当たり分解されることで緑色が薄くなり特徴的な黄色になっています。
このオリーブオイルから実や繊維などの不純物を取り除き、純度を上げていきます。
そのため、精製する過程でクロロフィルの分解物も除去され色も薄くなり、こうして出来た純度100%のオリーブオイルが精製オリーブオイルとなります。
ですので風味を大切にしている食用とは異なり、精製オリーブオイルは風味が弱く、色味も薄く、サラサラとしたテクスチャが特徴です。
こうして製造された精製オリーブオイルは皮膚の保護などに使われています。
もちろん、界面活性剤が入っていないため肌に優しくクレンジングすることができます。

精製オリーブオイルは薬局で取り扱い

精製オリーブオイルは薬局で取り扱いしています。
ちなみに私の近所に売っていた精製オリーブオイルは建栄製薬株式会社の「日本薬局方 オリブ油」です。
100ml入りで432円(税込)で購入しました。

精製オリーブオイルでのポイントクレンジング方法

用意するもの

・精製オリーブオイル
・コットン3枚
・蒸しタオル

使用量の目安

コットンに精製オリーブオイルを染み込ませますが、使用量はコットンの裏に少し染み込むくらい使います。

ポイントクレンジング手順

1、コットンに精製オリーブオイルを含ませる

少なすぎるとメイクにきちんと馴染まないので先述した使用量を目安にしてください。

2、目元&口元に精製オリーブオイルを含ませたコットン湿布を1分

目元&口元にフィットさせメイクを浮かせます。

3、コットンでこすらないように優しく拭い取る

湿布していたコットンをゆっくりと動かすといいでしょう。

4、蒸しタオルを目元&口元に30秒

ヌルヌルが残ると感じている方はこの工程をしていない方もいると思います。

5、なでるように目元&口元のオイルを拭き取る

ゴシゴシ擦ってはいけません。

通常の洗顔やクレンジングを行う

オイルのヌルつきを残さないために、洗顔もしくわクレンジングを行います。
もしメイクが少し残っていても、オイルが馴染んでいるので通常の洗顔やクレンジングで一緒に落とすことが出来ます。

精製オリーブオイルでメイク落としを試してみました。

近所の薬局で買ってきた、こちらのオリブ油を実際に使っていきます。

コットンの裏側に染み出るくらい使います。
食用オリーブオイルよりもサラサラして、ベタつかない感じです。

リキッドファンデーションの上に、ウォータープルーフのアイライナー、マスカラ(普通)、リップ(普通)で試していきます。

1分間のコットン湿布を行います。

やさしく拭き取ります。
このように、オリーブオイルが浸み込んだところがキレイに落ちました。
ウォータープルーフのアイライナーがうっすら残っていますが、この後、クレンジングや洗顔をするので、オリーブオイルで浮かび上がったアイライナーはキレイに落とすことができます。

まとめ


メイクも落とすことができる精製オリーブオイルは肌の保護などに使われているため、肌の乾燥を防いでくれます。
そのためクレンジングしても肌はしっとりとしているため肌トラブルがおきにくく、小じわの予防にも繋がってくれます。
ポイントメイクリムーバーでよく肌が荒れてしまう人や、敏感肌の方には特にオススメのクレンジング方法です。
精製オリーブオイルは薬局やドラッグストア、ネットでも購入できますので、安易に食用オリーブオイルではクレンジングは行わないでください。
最近では、美容成分が配合された精製オリーブオイルもあります。
精製オリーブオイルを使い、正しいポイントクレンジングで潤い肌になりましょう。

★Pickup!
マナラ ホットクレンジングゲル
オリーブオイル配合のクレンジング、オリーブオイルでのポイントクレンジングと相性◎

マナラ ホットクレンジングゲル

マナラ ホットクレンジングゲル

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事