クレンジングはお風呂で!

なんてお風呂クレンジング派の方もいますよね?
でも残念ながらマナラホットクレンジングゲル濡れた手では使えない。
だからお風呂では使えないと思ってる方が多いようです。

でも、お風呂で使えないなんてことはありません。
手や顔の水気を軽く拭けば、マナラホットクレンジングゲルはお風呂でも使えます。
さらに、マナラホットクレンジングゲルはお風呂でこそ、もっと効果的に使うことができます。

マナラを効果的に使えば、毛穴の黒ずみの無いツルスベ素肌になって、「最近肌キレイになったね」なんて言われちゃいますよ。

この記事では、マナラホットクレンジングゲルをお風呂で使うメリットを教えちゃいます。

どうして濡れた手では使っちゃダメなの?

まず、なぜマナラホットクレンジングゲルを濡れた手で使うとだめなのしょうでしょうか?

それは、水分が多く付着しているとテクスチャが肌に密着しないためメイクと馴染まなくなってしまうから。
さらに、マナラホットクレンジングゲルの特徴である温感作用は主成分のグリセリンと肌の水分と徐々に混ざることにより暖かくなるのですが、水が多くついていると反応がすぐに終わってしまって十分な温感効果を得られなくなってしまいます。
ですからお風呂で使う際には、乾いたタオルで水気をふき取ってから使うようにしましょう。
ここを守らないとメイク落ちが半減し、温感効果も得にくくなってしまうので注意してくださいね。

ここまで聞くと、「水気をとって使うのは面倒だし他のクレンジングにしたほうが・・・」なんて思いますよね。
でも、それを補うほどのお風呂で使うメリットがあります。
そのメリットを解説していきますね。

マナラホットクレンジングゲルお風呂で使うメリットとは?

マナラホットクレンジングゲルはお風呂で使ったほうが洗面所で普通にクレンジングするよりも断然、効果的です。
マナラホットクレンジングゲルをお風呂で使うと、シャワーや湯船の蒸気で毛穴がしっかり開いているので毛穴汚れやメイクをしっかり落とすことが出来ます。
冬は乾燥しがちなお肌も蒸気でしっとりしているので負担がより軽減されますよ。
またマナラホットクレンジングゲルの温感ゲルもより強く感じられることが出来るんです。
主成分として配合されている「グリセリン」という成分は空気中の温度や湿度が高いほど温感が強くなる性質があります。
なので気温が下がり乾燥しがちな冬は特に、お風呂で使うことをおすすめします。
お風呂のほうが少し硬めに感じるテクスチャも馴染みやすくなりますよ。

ただし、洗い流す際はシャワーで洗い流さないようにしてください。
シャワーの水圧でお肌に負担を与えます。
洗面器にぬるま湯を溜めて、すすぎをしてくださいね。

まとめ

マナラホットクレンジングゲルはお風呂で使ったほうがより効果が得られます。
特に冬は気温と湿度が下がっているのでお風呂で使うのがオススメです。
ただし、ぬれた手では効果が半減してしまうので、使う前には顔と手の水気をふき取っ手から使いましょう。
ぜひ、マナラホットクレンジングゲルをお風呂で使ってツルスベ素肌を目指してみましょう。

口コミ・レビュー記事はこちら⇒マナラホットクレンジング口コミは落ちる?落ちない?使って徹底検証!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事