メイクをすると欠かせないのがクレンジングですよね。
クレンジングでメイクをきちんと落とさないと肌トラブルの原因となります。
でも乾燥肌の方はクレンジング剤が強いとさらに乾燥を招き余計に肌トラブルになることも。
そんな乾燥肌の方はどんなクレンジングを選べばいいのでしょうか。
当サイトでは、乾燥肌の正しいクレンジングの選び方と乾燥肌向けおすすめクレンジングランキングをご紹介していきます。

乾燥肌の正しいクレンジングの選び方

乾燥肌の方はお肌の最上層の「角層」が乱れ隙間ができた状態です。
そのため、外部からの刺激も受けやすく、お肌内部の水分も蒸発しやすくなっています。
従って、刺激の強いクレンジングを使用してしまうと、お肌へのダメージを与えすぎてしまうのです。
その結果、さらに乾燥を招いてしまい、新しく生まれてくる細胞は成長を妨げられます。
きちんと成長できなかった細胞は、バリア機能が低下、乾燥を悪化させる悪循環を引き起こすのです。

今使っているクレンジングが乾燥肌に合わないときの症状

クレンジング・洗顔後、肌がつっぱる

お肌が突っ張ってしまうのはお肌の水分・油分が必要以上に奪われたサインです。
「クレンジング後(または洗顔後)は突っ張るのが普通」と勘違いされている方って結構多いんですよね。
ですがお肌がつっぱるのに気にせず使っていると乾燥肌を悪化させるだけでなく、その後の化粧水などのアフターケアの効果が得にくくなってしまいますよ。

白く粉吹き状態になる

お肌が乾燥してしまい、角層がダメージを受けています。
ここまでの状態になっていたら早急にクレンジング剤やクレンジングの方法を見直したほうがいいでしょう。

湿疹ができる

すすぎ不足やメイクが十分に落としきれていないのが原因です。
きちんとすすげているのか、メイクの濃さに対してクレンジング剤の洗浄力が合っているのか確認しましょう。

乾燥肌のクレンジング選びの3つポイント

保湿力が高いものを選ぶ

乾燥肌なので、あたりまえのことかもしれませんが、クレンジングは乾燥するものと、諦めてしまっている方が多いですが、保湿までできなくても乾燥しずらいものを選ぶ努力をしましょうね。
保湿に有効とされている、セラミドやヒアルロン酸などが豊富に含まれているものを選ぶのが◎

ベースメイクに合わせた洗浄力のものを選ぶ

クレンジングって面倒ですよね?
なので、1度でポイントメイクまで全て落としてしまいたくなるので、洗浄力の高いクレンジングを選びがちですが、ポイントメイクではなくベースメイクの落ち具合に合わせたクレンジングを選ぶと肌への負担が抑えられます。
ポイントメイクはリムーバーで先に落としておきましょう。
乾燥肌の方には、オリーブオイルでのポイントメイク落としがオススメです。

できればW洗顔不要のものを選ぶ

もし、保湿力の高いクレンジングを選んでも、W洗顔が必要であれば、洗う回数も増えてしまいますし、洗顔料の選び方にも気を配らなくてはいけなくなるので、できればW洗顔不要のものをオススメします。
W洗顔が必要なクレンジングの場合は、洗浄力の弱めの洗顔料を使うようにしてくださいね。

乾燥肌おすすめクレンジングランキング

マナラ ホットクレンジングゲル
セラミド・ヒアルロン酸配合で潤うクレンジング
保湿成分・美容成分配合で、クレンジング後に化粧水をつけたような潤いが感じられます。
当サイトでの水分計測でも、水分量が上がって保湿力の高さを実証しました。
特に、30代以上の乾燥肌の方には、是非オススメです。
30代以上の乾燥肌でベースメイクが薄めならコレ!
D.U.Oデュオ ザ・クレンジングバーム
しっかり潤いが残る!
幅広い年代の乾燥肌に潤いを残してくれます。
当サイトの水分計測でも保湿効果を実証しています。
かなり濃い目のポイントメイクでも一度に落とすことができる高い洗浄力も魅力です。
少し価格が高めなのが・・・ですね。
幅広い年代でOK!濃い目のメイクならコレ!
ちふれウォッシャブルコールドクリーム
プチプラなのに保湿力が高い!
プチプラなのに保湿力が高く、大人気。
たっぷり使えて、価格が税込700円程度とかなり安いです。
当サイト水分計測でも潤いを残していました。
W洗顔が必要なところはマイナスポイントですが、洗浄力の弱めな洗顔料を使えば、W洗顔後も潤いが残っていました。
美容成分は少な目で洗浄力も高くはないので、ナチュラルメイクの10代~20代にオススメ。
ナチュラルメイクの10代~20代ならコレ!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事