よく耳にする、「クレンジングしながらマッサージもできる!」や「時間をかけてマッサージしながらクレンジングを!」なんて聞きますが、絶対にNGだと考えています。

その理由を解説していきますね。

クレンジングしながらマッサージがNGのワケ

基本的にクレンジングは、メイクを落とすために、界面活性剤や油分が多く含まれています。
なので、長時間、肌の上にのせておくことは避けた方が良いですね。

特に、クレンジングクリームなどでも、クリームなのでマッサージに向いているとなっていますが、実際のところ成分を見てみると、他のクレンジング料と変わらない成分だったりするので、肌への負担が大きいです。

さらに、クレンジング料がメイクと馴染んでいるままに、クルクルマッサージをしていると、毛穴にメイクをこすりつけているようなものです。

肌をキレイにしたくてしているマッサージが、逆に汚肌に導いてしまうのです。

上手なクレンジングマッサージの方法と注意点

クレンジング料によるマッサージは、あまりオススメできませんが、毛穴の角栓や黒ずみに悩んでいて、「どうしてもマッサージしたい!」という方は、以下の方法で試してみてくださいね。

クレンジングとマッサージは別にする

クレンジングしながらのマッサージは先に言ったとおり絶対に避けてくださいね。
マッサージをする場合は、一度クレンジング料でメイクを落としてから、新たに始めてください。

メイク汚れを引っ張ることなく、キチンと毛穴にアプローチできます。

できるだけ短時間で済ませる

マッサージができるクレンジングとは言え、成分の中身は、ほとんどがメイクを落とすための洗浄成分だったりします。

基本的に刺激が強いクレンジング料を肌にのせておくこと自体が負担になります。

マッサージは1分以内に済ませるようにしましょう。

肌の強さを認識しましょう

肌の強さは人それぞれで、肌の強い人ならマッサージもアリかもしれませんが、肌の弱い人は、クレンジング料によるマッサージは止めておきましょう。

肌が弱い人であれば、マッサージによって一気に肌トラブル続出の危険性もあります。

最後に

クレンジング料でマッサージするためのポイントは理解できたでしょうか?

当サイトでは、クレンジング料によるマッサージはオススメしていません。

マッサージをするならできるだけ専用の美容クリームなどを使ってくださいね

毛穴や肌の悩みに対してマッサージを考えているなら、悩みに適したクレンジングを使うことを優先してくださいね。

メイクをするかぎり、クレンジングは必須なので上手に使って美肌を手にいれましょうね。

この記事がみなさんのお役に立てれば幸いです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事