肌の張りが衰え、水分量も減ってくるので乾燥などの肌トラブルなどもおきがちな50代。
メイクをした際に必要不可欠なクレンジングですが、様々な種類があり何を使って良いか迷ってしまいます。
周りの人がどんなクレンジング使ってるのかなんて、直接はあまり聞かないですよね。
だからといって、若いころと同じクレンジングを使ってしまうと、化粧落ちがよすぎてさらに肌が乾燥する原因に。
そこで、50代の正しいクレンジングの選び方のポイント3つをご紹介していきます。
是非、参考にして正しいクレンジングを選んでくださいね。

50代の正しいクレンジングの選び方、3つのポイント

保湿力のあるクレンジング

デリケートで敏感な50代の肌。
誤ったクレンジングを行うと乾燥に拍車をかけ、肌トラブルを引き起こし、肌の老化を促進してしまいます。
そのため、肌の潤いをどれだけ保てるのかが重要です。
クレンジングをすると肌の水分が損なわれる心配がありますが、保湿成分が配合されているクレンジングを選ぶことで、肌への負担を最小限に抑えることができます。
なので、できるだけ保湿成分が多く配合されているクレンジングを選ぶよう心がけましょう。

肌に優しいクレンジング

クレンジングを行うということは、これだけで肌に負担をかける行為です。
なので刺激性があるような成分が使われていない、肌に優しいクレンジングを選びましょう。

メイク落ちと刺激の少なさのバランスのとれたクレンジング

肌に優しいからといって肝心のメイクが落ちないのはいただけません。
なので、界面活性剤が極端に少なかったり、オイルフリーのクレンジングではメイク落ちが悪くなり、擦ってしまう原因になりかねないので、界面活性剤と油分のバランスがとれたバームタイプやジェルタイプ・クリームタイプで保湿成分や美容成分が配合されたクレンジングがオススメですね。
以前は、オイルタイプは界面活性剤が多く乾燥するということで、酷評されてきましたが、現在は、肌にやさしい植物系のオイルと安全性の高い非イオン界面活性剤のバランスのとれた、肌にやさしいオイルクレンジングもあるので、当サイトのランキングを参考に選んでみてくださいね。

クレンジングで注意すべき4つのポイント

クレンジングは規定使用量を必ず守る

ナチュラルメイクだから大丈夫と思い、クレンジングの量を少なめに使うとしっかりとメイクが落ちないことも!

クレンジングは手早く行う

肌に負担のかかりにくいクレンジングだからといって、洗いすぎてしまっていては問題です。
クレンジングは1日1回、クレンジングの目標時間すすぎを長くても1分前後で済ませましょう。

すすぎは32度くらいの人肌のぬるま湯で行う

すすぎをするときは32度くらいの人肌のぬるま湯ですすぐようにしましょう。
お湯は冷たすぎると皮脂が固まってしまいますし、熱すぎても余計な皮脂を流しすぎてしまうため、どちらも負担がかかってしまいます。

ポイントメイクは精製オリーブオイルで落とす

ポイントメイクを落とすときにコットンに染み込ませた精製オリーブオイルでパックしてから落としましょう。
そうすることでオリーブオイルがメイクに馴染み、優しく拭うことで簡単に落とすことが出来ます。
その後、いつもどおりのクレンジングを行ってください。
オリーブオイルの成分が肌に浸透して乾燥を防ぐので、50代を過ぎるとさらに気になってくる目元の小じわにも有効です。

50代おすすめクレンジングランキング

マナラ ホットクレンジングゲル
保湿成分と美容成分が豊富!
保湿成分も美容成分も両方必要な50代を満足させてくれるクレンジング
高い保湿効果で、シワやたるみに!
ハイドロキノン誘導体も配合で美白やくすみに!
他にも、ビタミンC誘導体やヒアルロン酸・セラミドなど美容成分が豊富!
私の肌での水分計測でも、洗い上がりが潤ってます。
備考
D.U.Oデュオ ザ・クレンジングバーム
洗浄力と保湿力を兼ね備えた!
濃いめのメイクならDUOのクレンジングバームがオススメ!
オイル並みの洗浄力とクレンジングクリームの保湿力の良いとこどりしたようなクレンジングです。
さらに、毛穴の黒ずみにも口コミで高い評価が!
濃いめメイクの50代の方の肌をやさしく保護してくれますよ。
備考
アテニア スキンクリアクレンズ
50代のくすみの悩みならコレ!
くすみの原因「肌ステイン」を洗いながして、くすみの無い透明感のある肌へ導いてくれます。
乾燥しずらくて、しっとり感を感じることができるし、メイク落ちも良い!
お風呂で使うこともできて、\1,836(約2ヶ月分)とコスパも良い!
年代・肌質問わず高い評価なので、娘さんと共同で使用もできて経済的
備考

まとめ

50代の正しいクレンジングの選び方、3つのポイントをご紹介しました。
クレンジングを選ぶ際は、
・保湿力
・肌に優しい
・メイク落ちと肌への刺激の少なさのバランス
これらを重視してクレンジングを購入しましょう。
また、せっかく自分にあったクレンジングを手に入れても間違ったクレンジングの方法では意味がありません。
クレンジングで注意すべきポイント、
・規定使用量を守る
・手早くクレンジング
・すすぎは人肌のぬるま湯
・濃いポイントメイクなら精製オリーブオイルで落とす
この4つのポイントに注意しながらクレンジングしてみてください。

正しいクレンジングを選び、いつまでも若々しい肌を目指しましょうね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事