美容に興味が出てきてメイクをし始める10代。
メイクをすると当然、必要になるのがクレンジングですよね。
クレンジングはただメイクが落ちればいいというわけではありません。
特に10代の肌はまだ大人の肌になりきれていない未熟な肌です。
ここで手を抜いたクレンジングをしてしまうとこの先、年齢を重ねたときにものすごく後悔することになります。
でも、クレンジングってどう選べばいいのか分かりにくいですよね。
そこで10代のクレンジング選びのポイントを3つ、ご紹介していきます。
ぜひ、今後のクレンジング選びの参考にしてくださいね。

10代の正しいクレンジング選び、3つのポイント

メイクの濃さに合わせたクレンジング力

クレンジングを行う一番の目的は、メイクを落とすということ。
メイクが落としきれず、「大体落ちたし、若いから大丈夫」と放置するとニキビなどの肌トラブルの原因に。
クレンジング料は自分のメイクの濃さに合わせたものを選ぶようにしましょう。

バッチリメイク派

ウォータプルーフのマスカラやアイライナー、化粧崩れを起こしにくい化粧品を使っているバッチリメイク派には、オイルやクリーム、ゲルタイプ。
濃いメイクもするすると落としてくれます。
ただし、これらのクレンジングはメイク落ちが高い分、界面活性剤などが多く使われているため肌への負担が大きいですから、スキンケアもしっかりしましょう。
またシートタイプのクレンジングは肌の負担+拭くときに肌に小さな傷をどうしても付けるため避けたほうが良いですよ。

ナチュラルメイク派

マスカラ1度塗りやファンデーションだけなど、ナチュラルメイク派にはクリーム、ミルクタイプ。
オイルなどと比べるとメイク落ちが劣っていますがその分、肌負担が少なく肌への優しさとそこそこのメイク落ちを兼ね備えています。

肌質に合わせたクレンジング

肌質に合わせたクレンジングを選ぶことも大切なポイントの1つです。
特に肌トラブルが起こりがちな方は肌の状態に合わせてクレンジングを選ぶようにしましょう。

乾燥肌

洗顔しすぎると乾燥が悪化し肌トラブルの原因になるため、保湿力のあるクリームタイプやバームタイプがオススメ。

脂性肌(オイリー肌)

オイリー肌はしっかりと皮脂を落としてあげるためオイルや水が主成分のゲルがオススメ。

混合肌

オイリー肌と乾燥肌、2つの特徴をもつ混合肌は「落としすぎ」が原因でなることも。
水分と皮脂は適度に保つためにクリームや乳白色のゲルタイプ・ミルクタイプなどがおすすめ。

敏感肌

界面活性剤などの肌に負担のある成分が多いと刺激が強すぎてしまいます。
また、スクラブ入りなどマッサージタイプのクレンジングも刺激が強いため避けましょう。
敏感肌にはミルクタイプがオススメ。

美容成分の入りすぎていないクレンジング

美容成分配合だとそれだけで肌にいい気がしてしまいますよね。
もちろん、美容成分ですから肌に悪いわけはありません。
ただし、摂りすぎなければですが。
10代のは肌は大人の肌ではなく成長途中の成熟していない肌です。
今まさに成長している肌に過剰に美容成分が浸透してしまうと栄養過多になってしまい、ニキビなどの余計な肌トラブルを引き起こします。
ですから、たっぷりと美容成分が配合されているクレンジングは避けるように気をつけましょう。

メイクの濃さと肌質でクレンジングの種類が合わない

クレンジング選びのポイントをご紹介しましたが、メイクの濃さと肌質でクレンジングの種類が合わないという方もいることでしょう。
特にバッチリメイクだけど肌質が乾燥肌、敏感肌、混合肌だとメイクも落としたいけど、肌質に合わせると落とせないってなりますよね。
そんなときは肌質に合わせたクレンジングを選びます。
そうすると落としにくくなるアイメイクなどのポイントメイクは精製オリーブオイルで落としちゃいましょう。
オリーブオイルは油分なのでコットンに湿らせ1分くらいパックするとポイントメイクと馴染み落ちやすくなります。
その後選んだクレンジングを使い、洗顔をすることできれいにメイクが落とせますよ。
また、オイリー肌だけどナチュラルメイクの方は水が主成分のゲルタイプを選びましょう。
ゲルタイプはオイルよりは洗浄力は劣りますが、ミルクよりは洗浄力が強いのでさっぱりと洗顔が出来ますよ。

10代女子におすすめクレンジングランキング

アテニア スキンクリアクレンズ
乾燥肌でも使えるオイルクレンジング!
美容成分もほどほどなので、栄養過多になってしまう10代でも、安心。
潤いを残しながらもサッパリとした使用感で、W洗顔不要なのも嬉しい。
プチプラほどではないが、1ヶ月\1,000以下なのでコスパも良い。
くすみも落としてくれるので、これから年齢を重ねていくことを考えると早めに良いクレンジングに出会ってほしいですね。
見た目の高級感や柑橘系のさわやかな香りも女子力アップした気分に浸れます。
ちふれウォッシャブルコールドクリーム
しっかり潤いが残る!
W洗顔が必要なことと、成分が少し不安なことが気になるけど、余分な美容成分が入っていなくて、保湿効果が高い、そしてなんといっても安い!
10代女子が手に取りやすい価格なのが優秀、ドラッグストアなどで気軽に買えるのも◎。
ファンケル マイルドクレンジングオイル
スルっと三段落ち!
ファンケルのマイルドクレンジングオイルは、オイルなのに無添加で肌にやさしく、メイク落ちも良い。
10代のバッチリメイクの脂性肌・普通肌・少し乾燥ぎみの肌位までの方には、オススメです。
角栓も除去するので、肌トラブルも減ります。
コスパも1ヶ月あたり、\1,000以下なので、続けやすい。
\500円でトライアルボトルが買えるので、お試ししやすいのも◎。

まとめ

10代の正しいクレンジング選び3つのポイントをご紹介しましたがいかがでしたか。
正しいクレンジングの選び方は、
・メイクの濃さに合わせる
・肌質に合わせる
・美容成分たっぷりは避ける
この3つのポイントを心がけてクレンジングを選ぶようにしましょう。
また、どうしてもメイクの濃さと肌質が合わない場合はクレンジングは肌質に合わせてポイントメイクは別に精製オリーブオイルで落としましょう。
ポイントメイクリムーバーは肌に大きな負担をかけるのでオススメしません。

10代の肌はこれからまだまだ成長する金の卵です。
正しい知識で自分にぴったりのクレンジングを見つけてくださいね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事